コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インターナショナル・スタイル インターナショナルスタイル

世界大百科事典内のインターナショナル・スタイルの言及

【国際様式建築】より

…1920年代から50年代にかけての近代建築の造形傾向を指すのに最もよく用いられる,建築様式の名称。インターナショナル・スタイルinternational styleともいう。1932年ニューヨーク近代美術館で現代建築展が企画されたおり,担当したヒッチコックHenry‐Russel HitchcockとP.C.ジョンソンが著した書名に由来するという。…

【超高層建築】より

…70階),PSFCビル(1932,フィラデルフィア。32階)はスラブタイプと呼ばれる版状の形態をしており,従来のスカイスクレーパーとは明らかに異なり,当時ヨーロッパで盛んになり始めていたインターナショナルスタイルによる表現方法であった。しかもRCAビルはその形態のみならず,その平面計画にもセンターコアの概念に基づく設計がなされていた。…

※「インターナショナル・スタイル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

インターナショナル・スタイルの関連キーワードディコンストラクティビスト・アーキテクチャー展ジョンソン(Philip Johnson)ロッシ(Aldo Rossi)プッシュ・ピン・スタジオポスト・モダニズム土浦 亀城室内装飾機能主義ノイトラ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android