コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際様式建築(読み)こくさいようしきけんちく

百科事典マイペディアの解説

国際様式建築【こくさいようしきけんちく】

1920年代のバウハウスなどに端を発し,第2次大戦後から1950年代にかけて世界的な支配傾向となった建築様式。インターナショナル・スタイルinternational styleの訳。名称は1932年ニューヨーク近代美術館で開かれた建築展の際にH.R.ヒッチコックとP.ジョンソンが著した書物に由来するとされる。鉄骨造・鉄筋コンクリート造の普及にともなう造形の規格化を背景として発展。ボリュームの組合せ,規則性,無装飾性が特徴で,形態的には長方形の箱を思わせる。代表的作品にW.グロピウスのバウハウス校舎(1926年),ル・コルビュジエのサボア邸(1931年),ミース・ファン・デル・ローエとジョンソンのシーグラム・ビル(1958年)などがある。高層事務所建築の主流をなしたが,1960年代に入りその画一性が批判の対象となりはじめた。
→関連項目ポスト・モダニズム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいようしきけんちく【国際様式建築】

1920年代から50年代にかけての近代建築の造形傾向を指すのに最もよく用いられる,建築様式の名称。インターナショナル・スタイルinternational styleともいう。1932年ニューヨーク近代美術館で現代建築展が企画されたおり,担当したヒッチコックHenry‐Russel HitchcockとP.C.ジョンソンが著した書名に由来するという。20世紀に入り鉄骨造・鉄筋コンクリート造の普及発展,建築工学技術の進歩が著しかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の国際様式建築の言及

【近代建築】より

…建築に風土的な個性を与えたフィンランドのアールトー,大胆な構造を建築表現に高めたイタリアのP.L.ネルビ,打放しコンクリートの肌を粗々しく表現する〈ブルータリズムBrutalism〉などが1950年代に現れたが,歴史様式が建築造形に用いられることはなかった。国際様式建築
[ポスト・モダニズム]
 国際様式は世界中の高層事務所建築の主流となったが,その画一的かつ非個性的な空間を嫌う声が60年代から現れてくる。すでにル・コルビュジエのロンシャンに建つ教会(1954),デンマークのウッツォンJørn Utzon(1918‐ )によるシドニー・オペラ・ハウス(1956設計),丹下健三設計の国立屋内総合競技場(1964)などの作品が,機能の充足のみからは説明のできない造形を示していたし,70年代に入るとフランスのエコール・デ・ボザール(国立美術学校)における設計の伝統であった古典主義的造形を標榜するアメリカのL.I.カーン,またAT & Tビル(1978設計)によって高層ビルに象徴的表現を復活させたP.C.ジョンソンらの影響力が強まった。…

※「国際様式建築」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android