ウェンド族(読み)ウェンドぞく(英語表記)Wenden

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェンド族
ウェンドぞく
Wenden

ドイツ人の東方植民前,エルベ,ザーレ両川の線でドイツ人と対立し,歴代皇帝の鎮撫政策に頑強に反抗したスラブ系諸部族 (アボドリト族,ビルツ族,ポンメルン族,ソルブ族) の総称。 12~13世紀のドイツ人の東方植民によって次第に馴化され,特にラウジッツ地方では近代までウェンド族の言語風習を残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android