コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウパプラーナ Upapurāṇa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウパプラーナ
Upapurāṇa

サンスクリット語で準プラーナの意。ヒンドゥー教の聖典。成立年代未詳。プラーナを模倣してつくったもの。伝説によれば 18種のウパプラーナがあったという。すなわち,(1) Sānatkumāra,(2) Nārasiṃha,(3) Nandi,(4) Śivadharma,(5) Daurvāsasa,(6) Nāradīya,(7) Kāpila,(8) Vāmana,(9) Auśanasa,(10) Brahmāṇḍa,(11) Vāruṇa,(12) Kālikā,(13) Māheśvara,(14) Śaṁba,(15) Saura,(16) Pārāśara,(17) Mārīca,(18) Bhārgavaである。その他,この 18のうちに入らないもので,大プラーナ Mahāpurāṇaにも属さないものが多数知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウパプラーナの関連キーワードサンスクリット語

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android