コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウボッラ al-Ubullah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウボッラ
al-Ubullah

チグリス河口,バスラに通じる運河入口の北に位置した港。ギリシア人のいうアポロゴス,中国人のいう烏刺にあたり,1世紀頃から知られた。7世紀以来イスラムの支配下に貿易港として繁栄したが,13世紀のモンゴル侵入後衰え,バスラがこれに代って栄えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android