ウールエロアール県(読み)ウールエロアール(英語表記)Eure-et-Loir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ウールエロアール県」の解説

ウールエロアール〔県〕
ウールエロアール
Eure-et-Loir

フランス北部,ロアールエシェール地域 (レジオン) の県。パリ盆地南西部にある。県都シャルトル。県域の大半は「フランスの穀倉」と呼ばれる平坦なボース台地で,コムギ栽培を主とし,ほかにテンサイ栽培とヒツジウシの飼育が行われる。北西部-北部のティムレおよびドルエ両台地は,石英岩質粘土におおわれ,地味は劣るが地下水面が高く牧草栽培に適し,家畜飼育を中心とした地域を形成。南西部はペルシュ丘陵地の南東部にあたり,(小) ロアール川上流が谷を深く刻んで流れ,ボース台地とまったく対照的。工業はシャルトル,シャトーダンに集中。機械,電機のほか,金物,繊維,ゴムなどの工業がある。面積 5880km2。人口 39万 6073 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android