コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台地 だいち plateau

翻訳|plateau

6件 の用語解説(台地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

台地
だいち
plateau

平坦面の縁を急斜面で限られた比較的標高の低い台状の地形。表面の平坦化は堆積による場合と,浸食の場合がある。日本では海成,河成の堆積面が浸食によって台地化したものが多く,その形成時代の多くは更新世 (洪積世) と考えられることから,洪積台地と呼ばれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だい‐ち【台地】

表面が比較的平らで、周囲より一段と高い地形。ほぼ水平な地層からなる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

台地【だいち】

上部が比較的平らな台状の地形。多くは浸食により上部が準平原化されたり,いったん沈水して地層が堆積した後再び隆起して形成されるもの。日本各地にみられる洪積台地は後者にあたり,段丘地形に属する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だいち【台地 upland】

地形学では,一般には台状,テーブル状の地形をさす。狭義には古期岩の水平層から成る台状の地形,すなわち〈大陸台地〉をいう。地形学的台地には大陸台地のほかに溶岩台地石灰岩台地火山灰砂台地洪積台地が含まれる。日本の例では淀橋台,小日向(こびなた)台,富士見台など〈○○台〉の地名の場所は台地地形の一部で,多くは洪積台地にあたり,一方,秋吉台平尾台,帝釈台,阿哲台などは石灰岩台地にあたる。また洪積台地の例である武蔵野(むさしの),羽曳野(はびきの),饗庭野(あえばの),那須野(なすの)など〈○○野〉の付された地名や,三本木原(洪積台地),大野ヶ原(石灰岩台地),笠野原(火山灰砂台地)など〈○○原〉の地名も台地に多くみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だいち【台地】

表面が平坦で周囲より一段と高く、一方ないし四方を崖で縁ふちどられた台状の地域。ほぼ水平な地層からなる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

台地
だいち

四方ないし一方を崖(がけ)で縁どられ、周囲より一段と高い平坦(へいたん)地を頂にもつ卓状ないし階段状の高台。ほぼ水平な地層からなる。その平坦地を台地面といい、それを囲む崖や急斜面を台地崖(だいちがい)とよぶ。背後に段丘崖のある狭い台地は段丘とよばれる。数十万年前以降に扇状地、三角州、海岸平野、浅海底、あるいは火山の山麓(さんろく)などが隆起して侵食され、周囲に崖が生じることによって形成された洪積台地が日本各地に広く発達している。その代表例が関東平野である。
 台地の形成過程を理解するために、地球温暖化により陸地の氷河が融解し、海面がしだいに上昇することを考えてみるとよい。東京湾は拡大し下町の低地が海になり、入り江は埼玉県から群馬県へと拡大するであろう。入り江に立つ波は周囲の台地を侵食して海食台を発達させ、そこで生じた土砂は入り江に堆積(たいせき)するであろう。さらに海面が上昇すると、入り江の水深は増して波が強まり、台地はさらに侵食され、ついには入り江の底は深い海の底になって大東京湾が生じるであろう。
 このような事変が今から15万年前から12万年前にかけて実際に生じた。当時の拡大した東京湾は古東京湾とよばれている。この海が10万年前、8万年前としだいに低下するにつれて、深かった入り江は浅くなり、海進期に海食台上に堆積していた土砂は沿岸環境下で強い波によって再移動させられ離水した。川によって陸地から土砂が供給された場所では、離水期に河成平野が発達した。たとえば、東京では多摩川が扇状地を発達させ、鬼怒(きぬ)川は筑波(つくば)台地に鳥趾状(ちょうしじょう)三角州(水鳥が足を広げたような平面形をもつ三角州)を発達させた。これらの河成平野は数万年前以降に海水準がどんどん下がり、2万年ほど前には今より100メートルほども下がる過程で台地化した。
 当時の台地は関東平野では現在も残されているが、越後平野にはみられない。関東平野はこの10万年間に数十メートル(年間0.2~0.3ミリメートル)隆起し続けてきたが、一方、越後平野は信濃(しなの)川や阿賀野(あがの)川などからの大量の土砂が堆積し続けることによって沈降し、後氷期の海進によってふたたび入り江になり、台地は土砂に埋め立てられてしまったためである。
 なお、世界の安定大陸には洪積台地とはまったく異なる台地が発達している。たとえば、アメリカ西部のコロラド高原の南西部に広がるコロラド台地は、新生代や中生代の地層が1000万年という長い時間をかけて厚さ1000メートルほども侵食された結果、侵食されにくい石灰岩層が地表に露出してできた広大な台地で、スペイン語でテーブルを意味するメサとよばれる。日本にも香川県の屋島や群馬県の荒船山をはじめ、侵食されにくい水平層でできた台地があるが、いずれも小規模である。[池田 宏]
『池田宏著『地形を見る目』(2001・古今書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の台地の言及

【段丘】より

…ほぼ水平で平たんな地表面(段丘面)とその前方あるいは背後の急傾斜な崖(段丘崖)からなる。〈台地〉とほぼ同様な地形をさすが,台地が〈低地〉に対立する語として用いられ,その階段状の平たんな地形を構成する地層や地質のいかんによらないのに対して,段丘は過去の水面(河川,海,湖など)に関連して水中で形成された平たん面がその後に離水した地形をさし,河岸段丘海岸段丘,湖岸段丘lacustrine terraceなどに区分される。したがって溶岩台地とはいうが,溶岩段丘とはいわない。…

※「台地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

台地の関連キーワード地形学テーブル山サイドテーブルテーブルウエアテーブル珊瑚テーブル山座テーブルセンター珈琲テーブルテーブルリネンテーブルグリル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

台地の関連情報