エギュイーユ・デュ・ドリュ山(読み)えぎゅいーゆでゅどりゅさん(英語表記)Aiguille du Dru

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エギュイーユ・デュ・ドリュ山
えぎゅいーゆでゅどりゅさん
Aiguille du Dru

フランス東部、アルプス西部、モンブラン山群のシャモニー針峰群の一峰。大Grandドリュ(3754メートル)と小Petitドリュ(3733メートル)よりなる。大ドリュは1878年イギリスのC・T・デントClinton Thomas Dent(1850―1912)らにより、小ドリュは1879年にフランスのJ・E・シャルレJean-Esteril Charlet-Straton(1840―1925)らにより初登頂された。北壁、西壁、南西岩稜(がんりょう)(ボナッティ稜)など岩登りの有名なルートは小ドリュにある。[徳久球雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android