コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エチオピア饅頭

2件 の用語解説(エチオピア饅頭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

エチオピア饅頭

高知県香南市、近森大正堂が製造・販売する銘菓。黒糖風味の皮にこし餡を包んだ一口饅頭。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

エチオピア饅頭

近森悠之さんの祖父茂さんが1930年代、エチオピアイタリアに侵略されたときのニュース映画を見て勇敢に戦うエチオピア人の姿に感動し、店の一口サイズの黒糖まんじゅうに名前をもらったところ人気商品に。原料も製法もエチオピアとは無関係だが、96年には当時のエチオピア大使も来店し、「大使公認」となった。

(2013-06-01 朝日新聞 朝刊 高知全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エチオピア饅頭の関連キーワード大祖父祖父さん・爺さん御祖父さん御祖母さんサンガル祖父さん曽祖父さんさんのへさんが三ケ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone