製造(読み)せいぞう

精選版 日本国語大辞典「製造」の解説

せい‐ぞう ‥ザウ【製造】

〘名〙
① 原料を加工して製品にすること。製作。
※詩序集(1133頃)雁音催旅情詩序〈菅原脩言〉「陶匏金石之器、随製造響」
※近世紀聞(1875‐81)〈条野有人〉初「大小の銃砲を製造(セイザウ)すべきの朝命ありしが」
② (「生造」「制造」と書くこともあった) ことばや文章、詩歌などをつくり出すこと。制作。
※大日本国法華経験記(1040‐44)上「大師製造金剛頂経疏七巻〈略〉顕揚大戒論八巻也」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉八「拙者が三十一文字を製造(セイザウ)しました」 〔徐陵‐傅大士碑〕
③ 組織や団体などをつくること。
※政教新論(1886)〈小崎弘道〉一「此改革は旧日本を毀ちて新日本を製造するものにして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「製造」の解説

せい‐ぞう〔‐ザウ〕【製造】

[名](スル)原料に手を加えて製品にすること。「菓子を製造する」「製造販売」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android