製造(読み)せいぞう

精選版 日本国語大辞典 「製造」の意味・読み・例文・類語

せい‐ぞう ‥ザウ【製造】

〘名〙
原料を加工して製品にすること。製作
※詩序集(1133頃)雁音催旅情詩序〈菅原脩言〉「陶匏金石之器、随製造響」
※近世紀聞(1875‐81)〈条野有人〉初「大小銃砲を製造(セイザウ)すべきの朝命ありしが」
② (「生造」「制造」と書くこともあった) ことばや文章、詩歌などをつくり出すこと。制作
※大日本国法華経験記(1040‐44)上「大師製造金剛頂経疏七巻〈略〉顕揚大戒論八巻也」
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉八「拙者が三十一文字を製造(セイザウ)しました」 〔徐陵‐傅大士碑〕
③ 組織や団体などをつくること。
※政教新論(1886)〈小崎弘道〉一「此改革は旧日本を毀ちて新日本を製造するものにして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「製造」の意味・読み・例文・類語

せい‐ぞう〔‐ザウ〕【製造】

[名](スル)原料に手を加えて製品にすること。「菓子製造する」「製造販売」
[類語]製作制作作製作成

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android