エフ炭(読み)エフたん(英語表記)F-coal

岩石学辞典の解説

エフ炭

鉱山労働者の肺中のフゼイン物質(fusainous)の顕微鏡的粒子[Evans : 1948].フゼインは石炭層中の極めて高度に炭化した帯状部.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android