コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エメサ Emesa

世界大百科事典内のエメサの言及

【ホムス】より

…町の起源は古く,5000年前にさかのぼるともいわれ,古代セム系民族のバアル神殿の所在地であった。ローマ時代にはエメサEmesaとして知られた。637年アラブ・イスラム軍が無血入城し,以後,ウマイヤ朝,アッバース朝,アイユーブ朝など支配者は変転したが,小麦,大麦,ブドウなどを栽培する肥沃な平野部の商業中心地としての町の性格は変わらなかった。…

※「エメサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エメサの関連キーワードセウェルス・アレクサンデルエウセビオス[エメサ]ユリア・ドムナユリア・ドムナアウレリアヌスオデナトゥスヘリオドロスエラガバルスゼノビアロマノス自由意志

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android