オキクムシ(読み)おきくむし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オキクムシ
おきくむし / お菊虫

昆虫綱鱗翅(りんし)目アゲハチョウ科のジャコウアゲハの蛹(さなぎ)をいい、地方によってはアゲハチョウ類一般の蛹をいう。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオキクムシの言及

【ジャコウアゲハ】より

…さなぎは黄色~淡褐色,背面に朱色の斑点があり,他のアゲハのさなぎとはたいへん異なる。その特殊な形態と色彩から,女性が後ろ手にしばられて立木にしばりつけられた姿のようだとして昔はオキクムシ(お菊虫)と呼ばれた。今は広くアゲハチョウ類のさなぎもオキクムシというようである。…

※「オキクムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android