コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オキクムシ おきくむし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オキクムシ
おきくむし / お菊虫

昆虫綱鱗翅(りんし)目アゲハチョウ科のジャコウアゲハの蛹(さなぎ)をいい、地方によってはアゲハチョウ類一般の蛹をいう。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオキクムシの言及

【ジャコウアゲハ】より

…さなぎは黄色~淡褐色,背面に朱色の斑点があり,他のアゲハのさなぎとはたいへん異なる。その特殊な形態と色彩から,女性が後ろ手にしばられて立木にしばりつけられた姿のようだとして昔はオキクムシ(お菊虫)と呼ばれた。今は広くアゲハチョウ類のさなぎもオキクムシというようである。…

※「オキクムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オキクムシの関連キーワードアゲハチョウ麝香鳳蝶

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android