オキシドレダクターゼ

化学辞典 第2版「オキシドレダクターゼ」の解説

オキシドレダクターゼ
オキシドレダクターゼ
oxidoreductase

[同義異語]酸化還元酵素

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のオキシドレダクターゼの言及

【酸化還元酵素】より

…酸化還元反応を触媒する酵素の総称。生物が酸素を吸収して,有機化合物を酸化する現象(広く呼吸とよばれた)の研究の過程で,19世紀末以降この種の酵素が多数生体から抽出されるようになった。酸化のエネルギーの利用過程に関係する酵素だけでなく,多くのたいせつな代謝過程に関係する酵素が含まれる。生体内では種々の酸化還元反応が起きるが,それらは水素原子の移動,電子の移動,酸素原子の付加のいずれかのかたちをとる。多数の酵素はそれぞれ,電子または水素原子を与えて酸化される電子供与体(還元剤),および電子または水素原子を受け取って還元される電子受容体(酸化剤)の一方または両方に対して特異的に働く。…

※「オキシドレダクターゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報