オニボウフラ(読み)おにぼうふら

世界大百科事典内のオニボウフラの言及

【カ(蚊)】より

…さなぎは胸背部に1対の呼吸管があり,その先端を水面に出して呼吸する。さなぎは通常オニボウフラといわれている。1~2日で背が割れて成虫が羽化してくる。…

※「オニボウフラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる