コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オペラバスティーユ オペラバスティーユ Opera Bastille

1件 の用語解説(オペラバスティーユの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

オペラバスティーユ【オペラバスティーユ】
Opera Bastille

フランスの首都パリの東地区に新しく建設された歌劇場(オペラハウス)。パリ国立オペラ(Opera national de Paris)の主要な公演会場の一つ。◇パリ9区のオペラ広場のオペラ座オペラガルニエ)に対して「新オペラ座」と呼ばれることもある。この歌劇場はフランス革命200年を記念して、革命勃発の地であるバスティーユ広場の西側にあったバスティーユ駅跡地に1984年に建設が始まり、1989年7月13日に落成した。ガラス張りモダニズム様式の地上7階、地下6階の建物になっていて、2703の座席数を持つ。建設にあたって国際コンペが行われ、ウルグアイカナダ人のカルロス・オットーの設計案が採用された。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オペラバスティーユの関連キーワードセレウキアベルサイユアブジャパリジャンフランスパンコペー西貢フランスソワールラングレスレアール

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone