コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オペラバスティーユ オペラバスティーユOpera Bastille

1件 の用語解説(オペラバスティーユの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

オペラバスティーユ【オペラバスティーユ】
Opera Bastille

フランスの首都パリの東地区に新しく建設された歌劇場(オペラハウス)。パリ国立オペラ(Opera national de Paris)の主要な公演会場の一つ。◇パリ9区のオペラ広場のオペラ座オペラガルニエ)に対して「新オペラ座」と呼ばれることもある。この歌劇場はフランス革命200年を記念して、革命勃発の地であるバスティーユ広場の西側にあったバスティーユ駅跡地に1984年に建設が始まり、1989年7月13日に落成した。ガラス張りモダニズム様式の地上7階、地下6階の建物になっていて、2703の座席数を持つ。建設にあたって国際コンペが行われ、ウルグアイカナダ人のカルロス・オットーの設計案が採用された。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone