建設(読み)けんせつ

精選版 日本国語大辞典「建設」の解説

けん‐せつ【建設】

〘名〙 あらたにつくり設けること。新しく建物や組織をつくりあげること。建造
※公議所日誌‐一六上・明治二年(1869)五月「曖昧過罪の切腹を除かんとならば、自首律を建設し」
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「此の処は則ち有名なる高等裁判所を建設しある地なり」 〔礼記‐祭義〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「建設」の解説

【建設】けんせつ

作り設ける。〔漢書、叙伝下〕賈生、矯矯(けうけう)として、にしてに登る。の叡(えいせい)なるに(あ)ひ、(しばしば)其のを抗(あ)ぐ。~(はんぺい)を設し、以て守圉(しゆぎよ)を強うす。・楚の合從(がつしよう)(南北の連合)は、(よ)る。

字通「建」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android