コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーケル岩(読み)オーケルがん(英語表記)akerite

岩石学辞典の解説

オーケル岩

石英に富むオージャイト閃長岩で,Na-マイクロクリンとオリゴクレースを含む[Brögger : 1890, Holmes : 1920],この岩石は広い範囲のものを含んでいる.最初にブレガーは細粒のラルヴィカイトに命名したが,後に細粒優白質のエセクサイトやノルドマルカイトに拡張した.オーケル岩の組織の特徴は無数の矩形短冊状の斜長石で,しばしばアルカリ長石の縁が付くものがあることで,石基も同様である.この岩石は中粒で長石に富み,輝石,角閃石,ときに石英を含んでいる.化学組成はSiO2は45~65%と広い範囲に及び,esexite-akerite, kjelsasite-ekerite, larvikite-akerite, nordmarkite-akeriteなどに分類される.オフテダールはオーケル岩はオーケル岩─珪長岩(akerite-felsite)系列に含まれるとしている[Oftedahl : 1948, Tomkeieff : 1983].ノルウェー,オスロ地域のヴェストレ・オーケル(Vestre 〔er)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android