コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長石 ちょうせきfeldspar

翻訳|feldspar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長石
ちょうせき
feldspar

カリウム,ナトリウムカルシウムバリウムのアルミノケイ酸塩鉱物で,岩石を構成する最も普遍的な鉱物。 (K,Na,Ca,Ba)(Al,Si)4O8 。結晶構造上,Si4+ の一部分が Al3+ によって置換され,それによる荷電の変化をちょうど中和するように,SiO4 四面体の間のすきまに K+ ,Na+ ,Ca2+ ,Ba2+ などが入っている。天然に産する長石は大部分,KAlSi3O8 (カリウム長石) ,NaAlSi3O8 (ナトリウム長石) ,CaAl2Si2O8 (カルシウム長石) を端成分とする3成分系に属する。 KAlSi3O8-NaAlSi3O8 および NaAlSi3O8-CaAl2Si2O8 は連続固溶体を形成し,それぞれの系列をアルカリ長石および斜長石と総称する。アルカリ長石は正長石 (カリウム長石,カリ長石) で代表され,酸性の火成岩 (花崗岩石英斑岩,流紋岩) の主成分鉱物で,桜色の花崗岩 (桜御影) の淡紅色鉱物は正長石である。斜長石は中性,塩基性の火成岩の主成分鉱物で,日本の酸性岩には含まれることが多い。ナトリウムとカルシウムの比は連続的に変化し,酸性岩から塩基性岩になるにつれて,ナトリウムの多いものからカルシウムに富む斜長石が多くなる。ナトリウム,カルシウムを主成分とする斜長石をそれぞれ曹長石灰長石といい,ナトリウムとカルシウムをほぼ等量含む斜長石を中性長石という。陶磁器の原料の陶土は長石の風化したものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

長石【ちょうせき】

最も重要な造岩鉱物。化学組成がCa,Na,Kなどのアルミノケイ酸塩からなる鉱物の一群で,フレームワーク(網状)構造をもつケイ酸塩鉱物として代表的なもの。ふつう成分を表すのにOr=KAlSi3O8カリ長石),An=CaAl2Si2O8(灰長石),Ab=NaAlSi3O8(ソウ長石)などの記号を用い,AbとAnはあらゆる割合で固溶体(斜長石)をつくる。
→関連項目ムーンストーン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせき【長石 feldspar】

地殻を構成する最も重要な造岩鉱物の一つ。月の岩石や隕石中にも広く見られる。化学組成は,一般にMT4O8で表され,MはCa,Na,K,Ba,またTはAl,Siである。天然に産する長石は,ほとんどCaAl2Si2O8(アノーサイト,An),NaAlSi3O8(アルバイト,Ab),KAlSi3O8(カリ長石,Or)を端成分とする三成分系に属し,その組成はOrxAbyAnz(xyz=100)のように表現される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうせき【長石】

ナトリウム・カルシウム・カリウムなどのアルミノケイ酸塩鉱物。造岩鉱物としてたいていの岩石に含まれ、ガラス光沢があり、ほぼ白色。三斜晶系に属するものと単斜晶系に属するものとがある。成分元素によって、斜長石・カリ長石などに分ける。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長石
ちょうせき
feldspar

地殻を構成する鉱物のうち、もっとも存在量が多い鉱物。アルカリ金属アルカリ土類金属を主成分とするアルミノ珪酸塩(けいさんえん)鉱物で、アルミニウムとケイ素の比は1対3から2対2までの範囲にある。長石のうちよくみられるものは斜長石グループとカリ長石グループで、前者は三斜晶系に属し、ナトリウムを主成分とする曹長石から、カルシウムを主成分とする灰長石まで組成が連続する。後者には、単斜晶系の玻璃(はり)長石、正長石と三斜晶系の微斜長石が含まれる。ほかに、アルカリ金属を主成分とするアノーソクレース、バリウムを主成分とする重土長石celsian、ストロンチウムを主成分とするスローソン石slawsoniteがある。ほとんどの長石には生成温度による結晶構造の変化、温度の低下によって異なる二つの相に分離する離溶現象、双晶の出現といった性質が現れる。外観は、多少色がついているが、ほぼ白色で、板状、柱状の結晶形をしていることが多い。また、二方向の劈開(へきかい)が完全である。したがって外観で長石類を区別することは困難で、産状による識別が有効なことがある。英名のフェルスパーというのはスウェーデン語に由来し、漂礫(ひょうれき)土中の劈開がよく発達している石という意味である。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長石の関連情報