コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カウディヌム山道 カウディヌムさんどうFurculae Caudinae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カウディヌム山道
カウディヌムさんどう
Furculae Caudinae

古代サムニウムにあった山道。現在の南イタリア,カンパーニア州モンテサルキオ付近。前 321年第2次サムニウム戦争のとき,ローマ軍はここでガイウス・ポンチウスの率いるサムニウム軍の罠にかかり,全員降伏させられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android