山道(読み)やまみち

精選版 日本国語大辞典「山道」の解説

やま‐みち【山道】

〘名〙
① 山にある山中の道。やまじ。山の道。さんどう。
※万葉(8C後)七・一二六一「山守りの里へ通ひし山道(やまみち)そ茂くなりける忘れけらしも」
② 仏道修行のために山里の寺などにはいる道。仏道修行に赴く道。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「そむきにしこの世に残る心こそ入る山みちのほだしなりけれ」
③ 模様の一つ。ジグザグ模様をいう。やまみちがしら。
※甲陽軍鑑(17C初)品一七「旗白地黒山道(やまミチ)
④ 女の衣服の裾などの取り方の一つ。裾の裏地を表に出して、山道形(波形)に縫ったもの。
※評判記・色道大鏡(1678)二「すそは、山道(ヤマミチ)、つかみ染・端とり、品々仕立あり」

せん‐どう ‥ダウ【山道】

(「せん」は「山」の呉音)
[1] 〘名〙 内陸部を通る道。さんどう。
※続日本紀‐天平九年(737)四月戊午「差帰服狄和我君計安塁、遣山道
[2] 東山道(とうさんどう)称。さんどう。
※吾妻鏡‐文治元年(1185)一〇月二九日「経山道会于近江美濃等所々之由」
※随筆・折たく柴の記(1716頃)中「海道往来の貴賤、多くは山道(センダウ)をすぎぬれば、海道の宿々は産業をうしなひ」

さん‐どう ‥ダウ【山道】

[1] 〘名〙 山の中を通っている道。また、内陸部を通る道。せんどう。〔広益熟字典(1874)〕 〔漢書‐西域〕
[2] 東山道(とうさんどう)のこと。せんどう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「山道」の解説

やま‐みち【山道】

山の中にある道。やまじ。
山形を横に連ねた形の文様。
「女郎も衣装つきしゃれて、…裾も―に取るぞかし」〈浮・一代男・六〉
[類語](1林道山道さんどう山路

せん‐どう〔‐ダウ〕【山道】

内陸部を通る道。さんどう。

東山道とうさんどう」の略。
(「仙道」とも書く)「中山道なかせんどう」の略。

さん‐どう〔‐ダウ〕【山道】

山中の道。やまみち。
[類語]山道やまみち林道山路

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山道の言及

【中山道】より

…江戸時代五街道の一つ。中仙道とも書いたが,幕府では1716年(享保1)に中山道と一定した。東海道に対して単に山道ともいう。…

※「山道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android