コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カガヤン[川] カガヤン

2件 の用語解説(カガヤン[川]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カガヤン[川]【カガヤン】

フィリピン,ルソン島北東部の川。中央山地に発し,北流してアパリ付近でバブヤン海峡に注ぐ。全長352km。約100km上流まで可航。沿岸は肥沃な農業地域で,葉タバコが作られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カガヤン[川]【Cagayan】

フィリピン,ルソン島北部,カラバリオ山脈に発してシエラ・マドレ,中央コルディレラ両山脈の間を北上し,バブヤン海峡に注ぐ川。全長約440kmでフィリピン最長。マガット,イラガン,チコなどの支流がある。沖積平野面積は1万1000km2,おもにイサベラとカガヤンの両州に広がる。気候的には流域全体で乾季がやや不明瞭で,年降水量は1500~2000mmあり,土壌もきわめて肥沃で,農業開発が期待される。【梅原 弘光】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone