コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシューブ語 カシューブごKashubian language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カシューブ語
カシューブご
Kashubian language

ポーランドのグダニスク (ダンチヒ) 近辺に約 21万人の話し手をもつ西スラブ語。ポーランド語の一方言ともみなしうる。なお,カシューブ語の一方言とみなしうるものにスロビンス語があるが,話し手はほとんど残っていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のカシューブ語の言及

【ポーランド語】より

…しかし文語はこの現象のない方言を基礎にしている。またポーランド北部のグダンスクの近くには,長い間別の言語と見なされてカシューブ語Kashubianといわれたカシューブ方言があり,ポーランド人でさえ理解困難なほど異なる。この方言は現在は消滅したポラブ語に近かったポモジェ方言の残ったものと考えられている。…

※「カシューブ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カシューブ語の関連キーワードポメラニア語スラブ語派ポーランド

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android