コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カダフィ大佐 カダフィタイサ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カダフィ大佐

1942年、北部シルト生まれ。遊牧民出身で、アラブ民族主義を唱えたエジプトの英雄ナセルを信奉した。士官学校入学後、自由将校団を結成。27歳だった69年9月、仲間とともに無血クーデターを起こして国王を追放した。当時は大尉だったが、特進して大佐になり、革命評議会議長に。翌年には首相兼国防相となるが、「人民による直接統治」を掲げ、政府や議会を廃止。自身も「公職」を離れた。事実上の元首として独裁政治を行うが、具体的な役職がないため、「大佐」の肩書が便宜上よく使われる。国内の報道機関は「革命指導者」と呼称するが、公式には「兄貴」を意味するアラビア語アフ」を付けている。遊牧民の生活にこだわり、訪問先の外国でもテントを張って宿泊する。

(2011-02-22 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

カダフィ大佐の関連キーワード近・現代アフリカ史(年表)セイフ・イスラム カダフィアブドルラヒム キーブリビア民主化への歩みイドリース(1世)ルイス ファラカンイギリス史(年表)リビアと国際社会リビアと経済制裁イドリース1世ダルフール紛争アフリカ連合リビア革命緑の書au

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カダフィ大佐の関連情報