コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナンバレ かなんばれ

世界大百科事典内のカナンバレの言及

【流しびな(流し雛)】より

…雛祭の人形は,それで身をなでて穢れをはらったあと流し去る人形(ひとがた)(形代(かたしろ))という呪具の系統をひくものとされるが,現在の各地に残る流し雛はそのような古い心意を伝える行事と思われる。鳥取県の流し雛の多くは,雛壇に飾った2組の雛のうち1組を神棚に供え,残りを夕方に桟俵(さんだわら)にのせて流すものであり,長野県南佐久郡白岩では〈カナンバレ〉といって,子どもが河原で煮炊きして雛にも供え皆でも食べたあと,古雛を桟俵にのせて流し去る。また川に流すのではないが,静岡県小笠郡小谷田では,神社の近くの〈ヒナヤマ〉へ行って食事をして遊んだあと,不用の古雛に海を見せてからそこに納めるといい,群馬県多野郡には,雛祭後に病人が出ると雛に身代りになってもらおうとして,病気を捨てるために神社や桑畑に送り出す所がある。…

※「カナンバレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カナンバレの関連キーワード流しびな(流し雛)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android