指定(読み)シテイ

デジタル大辞泉の解説

し‐てい【指定】

[名](スル)
人・時・所・事物などを特にそれとさして決めること。「指定の時刻」「約束の場所を指定する」
行政官庁法令によって特定の資格を与えること。「国定公園指定する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

してい【指定】

( 名 ) スル
いくつかの物の中からこれと決め定めること。 「出入り業者を-する」 「 -された場所に集まる」
だんてい(断定)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐てい【指定】

〘名〙
① (━する) 人、場所、時間、事物などを特にそれと定めること。また、行政官庁が事実を調査した上で特定の資格を与えること。
※万国公法(1868)〈西周訳〉三「指定したる条欵に就て通商往来を准し通信逓送を共にするの約」
③ 事物、動作、状態などについてこうだと判断して定める表現法。〔広日本文典(1897)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の指定の言及

【文化財】より

…周知の遺跡は,全国で10万ヵ所を超えているが,火山灰や沖積土に覆われたり,水底,海底にあって未知のものは,その数倍あると考えられている。
[文化財保護]
 文化財はすべて〈指定〉という行為によって保護されるもので,数多くの同類のもののなかからそれぞれの基準によって,国(文化庁),各都道府県市町村が選び出すことになっている。指定には段階をとるものがある。…

※「指定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

指定の関連情報