コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラトス kalathos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラトス
kalathos

元来は古代ギリシアで使われた萼 (がく) 状に開いた縁をもつ形の筒形の編み籠を意味したが,転じて同様の形の容器や婦人像の頭飾り,コリント式柱頭をさすようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カラトスの関連キーワード宝 とも子元来

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android