コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリフォルニアおけい

1件 の用語解説(カリフォルニアおけいの意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

カリフォルニアおけい

没年:明治4(1871)
生年:嘉永6?(1853)
明治初年,北米への初の日本移民中唯一の女性。会津(または庄内)藩の人。姓不明。初期移民哀史のシンボル的存在。横浜で輸入商を営み,会津・庄内藩に武器を売り,砲術師範もした松平武兵衛の名を持つE.W.スネルが維新に敗れた会津人を率い,明治2(1869)年カリフォルニア州エルドラド郡ゴールドヒルに「ワカマツ」植民地を建設しようとしたとき,自家の子守として同伴させたと伝えられる。資金不足・疫病などで植民は挫折,移民は四散,スネル失踪のあと,隣家のアメリカ人家族に愛され,欧米風家事・料理を学ぶが,風土病で19歳で死没。「おけいの墓」で有名。

(前山隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

カリフォルニアおけいの関連キーワード廃藩置県新教育高田藩北海道開拓田畑勝手作許可モルガンウォーターズカション片岡健吉ガビンズ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone