コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリフォルニアおけい

1件 の用語解説(カリフォルニアおけいの意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

カリフォルニアおけい

没年:明治4(1871)
生年:嘉永6?(1853)
明治初年,北米への初の日本移民中唯一の女性。会津(または庄内)藩の人。姓不明。初期移民哀史のシンボル的存在。横浜で輸入商を営み,会津・庄内藩に武器を売り,砲術師範もした松平武兵衛の名を持つE.W.スネルが維新に敗れた会津人を率い,明治2(1869)年カリフォルニア州エルドラド郡ゴールドヒルに「ワカマツ」植民地を建設しようとしたとき,自家の子守として同伴させたと伝えられる。資金不足・疫病などで植民は挫折,移民は四散,スネル失踪のあと,隣家のアメリカ人家族に愛され,欧米風家事・料理を学ぶが,風土病で19歳で死没。「おけいの墓」で有名。

(前山隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カリフォルニアおけいの関連キーワード千原夕田一の膳一の酉教正初年初年度保険料ブラジル移民けい佐久間鋼三郎田中唯一郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone