コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャップ精紡機 きゃっぷせいぼうき

世界大百科事典内のキャップ精紡機の言及

【精紡機】より

…(1)フライヤー精紡機 最も古いもので,現在は麻糸または太い羊毛の紡績に用いられる(図a)。(2)キャップ精紡機 梳毛(そもう)糸紡績用の一部で用いられ,生産能率は高いが,上質の糸の紡績に適しない(図b)。(3)リング精紡機 生産能率が高く,取扱いも容易で各種紡績に最もよく用いられる(図c)。…

【紡績機械】より

…20cm以上の羊毛ではカードではなくプリペアラー(ギル)でスライバーを作る(毛紡機)。なお毛糸紡績用の精紡機にはキャップ精紡機cap spinning frameも多用されるが,これは木管をさし込んだスピンドルの頂部に鉄製のキャップをかぶせた構造をしており,ドラフトをかけられたスライバーはキャップの外側を通って下にさがり,キャップの周囲を回転しながら撚りがかかる機構となっている。
[その他]
 絹紡用原料は養蚕・製糸くずなどの副蚕糸で,精練でセリシン(絹糸を構成しているタンパク質)を除いた後,開繊(打繭,開絹)し,梳綿機でくしけずった後,製条機またはコーマーでスライバーを作る。…

※「キャップ精紡機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キャップ精紡機の関連キーワード精紡機