コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キーストローク

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

キーストローク

キーを押したときに沈む深さのこと。「ストロークが深い、浅い」などのように使われる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

知恵蔵の解説

キーストローク

文字/データ入力用のキーボードで、キーを押し込んだ際にキーの頭部(キートップ)がどれだけ下がるかを示したもの。下がる量が少ない場合は「浅い」、多い場合を「深い」と表現する。キーストロークは浅すぎるよりある程度深い方が打ち心地がよいとされるが、ストロークを深くするほどキーボードの厚みが増す。そのため、サイズが重視される携帯向けの小型機等ではストロークが浅いことが多い。
キーボードの打ち心地には、キーストロークとキーを押し込むのに必要な力の量(重い/軽い)のバランス、そしてキーピッチとキーの配置がそれぞれ大きく影響する。

(斎藤幾郎  ライター / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

キーストローク

キーボードのキーを押したときに、どれだけ下がるかという深さのことです。キーボードの「打ち心地」は、このキーストロークと指を離したときに戻る反発力のバランスのほか、キーピッチやキーの配列などで決まります。
⇨キーピッチ

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

キー‐ストローク(key stroke)

パソコンのキーボードにおける、キーが押し込まれる深さ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

キーストロークの関連キーワードパンタグラフキーボードパソコン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キーストロークの関連情報