コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キーバッファー きーばっふぁー

1件 の用語解説(キーバッファーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

キーバッファー

押されたキーを一時的に記憶しておくためのメモリーの領域。ソフトウェアの処理に遅延が生じ、リアルタイムでキーの入力を受け付けられなくなっても、押されたキーがキーバッファーに記憶されているため、キーの入力が取りこぼされることはない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キーバッファーの関連キーワードアウトボックスレジスターPMAメモリ海馬(かいば)アキュムレーター棚上げバッファー記憶装置マネープールファンド一時転用

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone