キーワード連動型広告(読み)きーわーどれんどうがたこうこく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

キーワード連動型広告

インターネット上で利用される広告の方式。ユーザー検索エンジンで入力した検索キーワードに応じて広告を表示され、1クリックあたりの単価が設定されたクリック課金型広告形態をとる。クリック単価は一般的に入札システムによって決められる。つまり、人気度の高いキーワードに対して広告を表示させるには、単価を高く設定する必要がある。逆にニッチなキーワードに対して広告を表示させる場合は、低い単価で済む。特定のニーズを持つユーザーに対して、ピンポイントで訴求できるのも特徴のひとつ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android