コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キーワード連動型広告 きーわーどれんどうがたこうこく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

キーワード連動型広告

インターネット上で利用される広告の方式。ユーザー検索エンジンで入力した検索キーワードに応じて広告を表示され、1クリックあたりの単価が設定されたクリック課金型広告形態をとる。クリック単価は一般的に入札システムによって決められる。つまり、人気度の高いキーワードに対して広告を表示させるには、単価を高く設定する必要がある。逆にニッチなキーワードに対して広告を表示させる場合は、低い単価で済む。特定のニーズを持つユーザーに対して、ピンポイントで訴求できるのも特徴のひとつ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

キーワードれんどうがた‐こうこく〔‐クワウコク〕【キーワード連動型広告】

検索連動型広告

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

キーワードれんどうがたこうこく【キーワード連動型広告】

リスティング広告。⇒リスティング広告

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

キーワード連動型広告の関連キーワードサーチ・エコノミーピーフォーピーグーグルSEM

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android