コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルトネ J. N. Baudouin de Courtenay

大辞林 第三版の解説

クルトネ【J. N. Baudouin de Courtenay】

1845~1929) ロシアの言語学者・スラブ語学者・音声学者。スラブ諸語などの音声学的研究のほか、理論研究でも知られる。「音素」という語を初めて用いた。ソシュールと交流があり、さまざまな影響を与えたといわれる。ロシア-フォルマリズムの原点となったカザン学派の一人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のクルトネの言及

【ボードゥアン・ド・クルトネ】より

…ポーランドの言語学者。ロシアではIvan Aleksandrovich B.de Kourtenay。ロシアとポーランドの種々の大学で教鞭をとり,クルシェフスキ,ポリワノフ,シチェルバら多くのすぐれた言語学者を育てた。なかでも〈カザン学派〉は有名。ラングとパロール,共時態と通時態,音と音素それぞれの区別の必要を早くより説いていたため,現在ではソシュールと並ぶ,構造主義言語学の先駆者と称されている。ことにプラハ言語学集団の機能主義に対する影響は少なくない。…

※「クルトネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クルトネの関連キーワードボードゥアン・ド・クルトネーL.P. ヤクビンスキーE. ポリワーノフクルシェフスキークルシェフスキヤクビンスキートゥルベツコイボードアン2世フォルマリズムプラハ言語学派ポリワーノフトルベツコイカザン学派ネフスキー3月13日ソシュールポーランドシチェルバ八杉貞利ニベルネ