コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロカンブッシュ クロカンブッシュ〈フランス〉croquembouche

デジタル大辞泉の解説

クロカンブッシュ(〈フランス〉croquembouche)

《「口の中でぱりぱりと砕ける」の意》フランスの伝統的な祝い菓子の一。小型のシュークリームカラメルをからめ、円錐(えんすい)形に積み上げたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクロカンブッシュの言及

【シュークリーム】より

…焼き上がった皮を切り,あるいは側面に穴をあけて,中の空洞にクリーム類を詰める。変形のものとしては,細長く焼いてクリーム類を詰め,表面にチョコレートをかけたエクレアéclair,白鳥や花かご形に仕上げたもの,一口大のプチシュー,プチシューをパイの周囲に王冠状に飾ったサントノーレsaint‐honoré,たくさんのシュークリームをピラミッド形に積み上げたクロカンブッシュcroquemboucheなどがある。
[作り方]
 シュー生地は,基本分量(約15個分)として,なべに水または牛乳250cc,バター90g,塩少々を入れて火にかけ,沸騰したら下ろしてよくふるった強力粉125gを一度に加えて手早く混ぜる。…

※「クロカンブッシュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロカンブッシュの関連情報