コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルカ兵 グルカヘイ

2件 の用語解説(グルカ兵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

グルカ‐へい【グルカ兵】

英国軍やインド軍などに属するネパール人傭兵。勇猛さで知られ、セポイの反乱で英国軍に加わり世界に名を馳せた。英国陸軍にはグルカ兵によるライフル連隊・工兵隊・通信隊・兵站連隊・旅団軍楽隊などがある。
[補説]グルカ(Gurkha)はネパールの部族の名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

グルカへい【グルカ兵】

インドにおけるイギリス軍傭兵ようへいで、グルカをはじめとするネパール人兵士をいう。インド大反乱では積極的にイギリス軍を助けて、勇名を馳せた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のグルカ兵の言及

【外人部隊】より

…任地はアフリカなど植民地が多く,全般に厳しい勤務条件といえる。 近代的傭兵としては外人部隊のほかにイギリスのグルカ兵など現地採用の傭兵の例もあり,また,コンゴ動乱(1961),ナイジェリア内乱(ビアフラ戦争,1967‐70),セーシェルのクーデタ事件(1981)などでは,多くの白人傭兵が導入された。 外人部隊は入隊者の過去を一切問わないため,政治亡命者や犯罪者など暗い影を持った人,冒険を求める人たちのたまり場ともなっていたといわれ,アフリカの砂漠を舞台とした外人部隊の生活は,映画や小説の好材料ともなっている。…

【グルカ】より

…その政治・社会体系はヒンドゥー法に基づいて整備されたため,元来カースト制のなかった諸民族もそれぞれカーストと見なされ,上記のバウン,チェトリの下の欠落した所に位置づけられてきた。なお19世紀中葉からネパールはイギリスと友好的な関係をもち続け,インドにおけるイギリス軍に傭兵を提供してきたが,その傭兵は〈グルカ兵〉と呼ばれ,勇猛さで知られる。またそれはグルン,マガルその他の人々の重要な収入源となっている。…

【グルン族】より

…今日,牧畜,交易の比重は低下し,稲も栽培する農業が主要な位置を占める。またネパール軍軍人,インド軍や〈グルカ兵〉として知られるイギリス軍の傭兵,ポーターなどになる者も多く,村々には成人男子の数がかなり少ない。グルン社会は〈4氏族〉集団と〈16氏族〉集団に分かれ,前者が後者より地位が高く,おのおの内婚的で,また各〈氏族〉は父系の系族に分かれるといわれるが,近年,国の行政組織の浸透を契機として地位をめぐる抗争が見られる。…

【ネパール】より

…外貨獲得にとってヒマラヤなどを対象とする観光は有望な産業で,近年の伸びが著しいが,交通機関,宿泊施設などの整備,サービスの充実に問題が残る。またイギリス軍,インド軍への〈グルカ兵〉としての出稼ぎや,インドなど近隣諸国への出稼ぎも大きな貿易外収入源となっているが,その結果,山地の村々には成人男子労働力が極端に少なくなっている例も見られる。 交通は大半の地域では徒歩に頼らざるをえないが,1950年代以来,カトマンズとタライ,チベットを結ぶ自動車道,タライの東西自動車道,山地部の町ポカラとカトマンズおよびタライを結ぶ舗装道路などが建設されている。…

【ヒマラヤ[山脈]】より

…これら二つの文化を異にする人々は,共同体としてのまとまり,自然に対する態度,飲食タブー,価値観を異にしている。 ネパール・ヒマラヤの山地は,またグルカ兵の郷土でもある。限られた貧しい土地,人口増加のはけ口として,兵士としての出稼ぎが行われた。…

※「グルカ兵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グルカ兵の関連キーワードインド綿インド赤ウインドマインド蘭領インドインドアーリア語インド黄カインドハンドインハンド東インド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone