コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケトン尿症

世界大百科事典内のケトン尿症の言及

【ケトージス】より

…基本的には糖質利用が悪く,相対的に脂肪分解が促進されてアセチルCoAが増加し,肝臓におけるケトン体産生が過剰となる。ふつうケトン体は肝臓以外の組織に運ばれてエネルギー源として利用されるが,酸性であるため大量に存在するとアシドーシスを生じ,尿中へも排出される(ケトン尿症)。ケトージスは糖尿病,飢餓(嘔吐,食欲不振),糖原病(ギールケ病)などで招来されるが,とくにインシュリン欠乏を伴う糖尿病では典型的に糖質,脂肪,タンパク質の利用低下があり,浸透圧利尿による脱水,ケトン体による陽イオン排出のための血清電解質異常(ナトリウム低下やCO2の減少など)を生じる。…

※「ケトン尿症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ケトン尿症の関連キーワード先天性代謝異常症マススクリーニング先天性代謝異常症の早期発見のためにメープルシロップ尿症(楓糖尿病)新生児マススクリーニング検査マターナルフェニルケトン尿症精神発達遅滞の原因となる疾患ヒトの先天異常の原因フェニルケトン尿症フェニルピルビン酸母と子のための制度スクリーニング検査フェニルアラニンフェニルケトン尿先天性代謝異常神経皮膚症候群単一遺伝子疾患ガスリー試験点頭てんかん遺伝子診断先天性疾患