コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コビトカイマン コビトカイマンPalaeosuchus palpebrosus; dwarf caiman; banded caiman

1件 の用語解説(コビトカイマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コビトカイマン
コビトカイマン
Palaeosuchus palpebrosus; dwarf caiman; banded caiman

ワニ目アリゲーター科。体長 1.2mぐらいの小型のワニで,前顎骨には歯が4対しかない。吻はかなり長く,背側面にはっきりした稜がある。腹面の色は淡いが,両側に暗色斑をそなえている。南アメリカの熱帯地方に分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のコビトカイマンの言及

【アリゲーター】より

…子ワニは全長15cmほどで,1年後には30cmに育ち,6年くらいで成熟する。カイマンcaimanは5種がメキシコ南部から熱帯アメリカに分布し,大半が2m前後の小型で,とくにコビトカイマン,ブラジルカイマンは平均1.5mほど。しかしクロカイマンは全長3~4m,最大5mに達する大型で,性質も荒くアリゲーターでは唯一の危険種。…

【カイマン】より

…吻(ふん)部が短いクチヒロカイマンC.latirostris(全長約2.5m)は,メガネカイマンと混生している。コビトカイマンPaleosuchus palpebrosusは全長約1.2m,ブラジルカイマンP.trigonatusは1.5mほどといずれも小型。クロカイマンMelanosuchus nigerは大型で全長3~4m,最大は5mに達する。…

※「コビトカイマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コビトカイマンの関連情報