コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマセ こませ

知恵蔵の解説

コマセ

魚をポイントに集めるために撒(ま)く餌。寄せ餌(え)、撒き餌(え)ともいう。冷凍オキアミイワシサンマミンチ、川泥にサナギ粉を混ぜたものなど、その種類は様々。ヘラブナ釣りの場合、バラケと呼ばれる集魚効果の高い餌を使うことも多いが、これもコマセの一種

(森田秀巳 アウトドアライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

コマセの関連キーワード観光漁業ヒラマサイサキサビキアジ醤蝦撒餌

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コマセの関連情報