コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマセ こませ

1件 の用語解説(コマセの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

コマセ

魚をポイントに集めるために撒(ま)く餌。寄せ餌(え)、撒き餌(え)ともいう。冷凍オキアミイワシサンマミンチ、川泥にサナギ粉を混ぜたものなど、その種類は様々。ヘラブナ釣りの場合、バラケと呼ばれる集魚効果の高い餌を使うことも多いが、これもコマセの一種。

(森田秀巳 アウトドアライター / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コマセの関連キーワードキーポイント漁火こませピンポイントポイント活字ポイントサービスマッチポイントポイントメークポイント方式ヒッティングポイント

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コマセの関連情報