コリジン

化学辞典 第2版「コリジン」の解説

コリジン
コリジン
collidine

2,4,6-trimethylpyridine.C8H11N(121.18).sym-コリジンまたはγ-コリジンともいう.骨油より分留して得られる.アセトン尿素塩化亜鉛の存在下で加熱して合成される.液体.沸点171~172 ℃.2,4,6-トリメチルピリジン(2,4,6-コリジン)のほかに,2,4,5-トリメチルピリジン(2,4,5-コリジン,沸点165~168 ℃),2-メチル-4-エチルピリジン(沸点179 ℃),および4-メチル-3-エチルピリジン(沸点195 ℃)が知られている.[CAS 108-75-8]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android