コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロンビア学派 コロンビアがくはColumbia school

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロンビア学派
コロンビアがくは
Columbia school

コロンビア大学の F.H.ギディングズに始り H.W.オーダムなどによって代表されるアメリカ社会学の心理主義的一学派。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のコロンビア学派の言及

【マッキーバー】より

…スコットランド生れのアメリカ社会学者,政治学者。エジンバラ大学,オックスフォード大学に学び,トロント大学教授(1915),コロンビア大学教授(1927)となり定年(1949)で第一線を退くまでコロンビア学派の総帥として社会学界,政治学界で活躍した。自然科学主義的社会科学の傾向に反対して,人間行動の意志的創造性を強調した主意主義的社会行動論を説き,態度と利害関心を基礎概念にしてコミュニティcommunityとアソシエーションassociationの両類型にもとづく社会構造論を展開し,現代社会をさまざまな利害関心によって結成される多数のアソシエーションの錯綜する動的な過程としてとらえ,一元的決定論を排した独自の社会変動論を提示した。…

※「コロンビア学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

コロンビア学派の関連キーワードフランクリン・ヘンリー ギディングスロバート・M. マッキーバーロバート ウッドワースギディングスウッドワースマッキーバー機能心理学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android