コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンバインドチャーン

栄養・生化学辞典の解説

コンバインドチャーン

 バター製造でチャーニングとワーキングを同一の装置で行えるようにした装置.ローラーを備えたロールチャーンと備えていないロールレスチャーンがある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のコンバインドチャーンの言及

【チャーニング】より

…チャーンには木製チャーンとメタルチャーンがあるが,機能的にも衛生的にも後者が優れている。また,チャーニングの次の工程であるワーキングも行える型式のものはコンバインドチャーンと呼ばれる。チャーニングにより,クリームからバター粒子が生成する理論には相転換説と泡沫説の二つがある。…

※「コンバインドチャーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android