装置(読み)ソウチ

デジタル大辞泉の解説

そう‐ち〔サウ‐〕【装置】

[名](スル)
ある目的のために、機械・器具などをそなえつけること。また、その設備。「濾過(ろか)器を装置する」「安全装置
舞台装置のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうち【装置】

( 名 ) スル
ある目的に合わせて設備・機械・仕掛けなどを備えつけること。また、その設備・機械など。 「無電を-する」 〔明治期に apparatus の訳語としてつくられた語〕
舞台装置。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐ち サウ‥【装置】

〘名〙
① (━する) ある目的のために、機械・道具・設備などを備えつけること。しかけをすること。また、そのしかけや設備。こしらえ。
※舎密開宗(1837‐47)内「酸素瓦斯中にて物を爇けば其容縮む試法の装置は世に造る者多し」
※明暗(1916)〈夏目漱石〉一五五「自動車の前側に装置してある巨大な燈光を満身に浴びて立った」
② (「ぶたいそうち(舞台装置)」の略) 舞台に設ける大道具、小道具、照明などの設備。
※東は東(1933)〈岩田豊雄〉「いかなる省略的装置も差支へないが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の装置の言及

【データ端末装置】より

…コンピューターとのデータの入出力を,通信回線を介して遠隔から行うための装置。データ端末装置は各種の入出力部と,コンピューター本体との間の通信を制御する端末制御部から構成される。…

※「装置」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

装置の関連情報