装置(読み)そうち

精選版 日本国語大辞典「装置」の解説

そう‐ち サウ‥【装置】

〘名〙
① (━する) ある目的のために、機械・道具・設備などを備えつけること。しかけをすること。また、そのしかけや設備。こしらえ。
※舎密開宗(1837‐47)内「酸素瓦斯中にて物を爇けば其容縮む試法の置は世に造る者多し」
※明暗(1916)〈夏目漱石〉一五五「自動車の前側に装置してある巨大な燈光を満身に浴びて立った」
② (「ぶたいそうち(舞台装置)」の略) 舞台に設ける大道具、小道具、照明などの設備。
※東は東(1933)〈岩田豊雄〉「いかなる省略的装置も差支へないが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「装置」の解説

そう‐ち〔サウ‐〕【装置】

[名](スル)
ある目的のために、機械・器具などをそなえつけること。また、その設備。「濾過ろか器を装置する」「安全装置
舞台装置のこと。
[類語]装備備える備え付けるしつらえる設ける設備設置完備施設機械機器機具器具利器機関からくり仕掛けマシンメカニズム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の装置の言及

【データ端末装置】より

…コンピューターとのデータの入出力を,通信回線を介して遠隔から行うための装置。データ端末装置は各種の入出力部と,コンピューター本体との間の通信を制御する端末制御部から構成される。…

※「装置」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android