ゴローニン

朝日日本歴史人物事典の解説

ゴローニン

没年:露暦1831.6.29(1831.7.11)
生年:露暦1776.4.8(1776.4.19)
ロシアの海軍士官。ディアナ号の艦長として北太平洋の測量中,1811年千島列島の国後島で幕府の警備軍に捕らえられ,2年2カ月余にわたって松前で幽閉生活を余儀なくされた。しかし,副艦長のリコルドと高田屋嘉兵衛の協力により無事釈放され,帰国後その体験を『日本幽囚記』(1816)と題して出版した。このなかでゴローニンは,すぐれた日本人論を展開する。この書は英,仏,独語に翻訳された。さらに独訳からなされたオランダ語訳から馬場佐十郎,杉田玄郷,青地林宗によって『遭厄日本紀事』という題で文政8(1825)年に邦訳された。<著作>井上満訳『日本幽囚記』全3巻

(外川継男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ゴローニン【Vasilii Mikhailovich Golovnin】

1776~1831) ロシアの海軍軍人。沿海測量に従事し、1811年、国後くなしり島上陸中に幕吏に捕らえられた。13年高田屋嘉兵衛と交換に釈放され帰国。抑留中の手記「日本幽囚記」がある。ゴロブニン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴローニンの関連情報