コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイバースクワッティング サイバースクワッティング

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

サイバースクワッティング

企業名、商標、有名人の名前などのドメインを転売目的で登録・保有すること。ドメイン名の登録は先着順で誰でも登録できるため、企業にドメイン名の買い取りを迫るなど、悪質な手口が横行した。現在はWIPO(世界知的所有権機関本部)や日本知的財産仲裁センターなど、紛争を裁定する機関が設置されたことで、こうした不法な行為は減少している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

サイバースクワッティング【cybersquatting】

〔スクワットは不法占拠の意〕
転売や嫌がらせを目的に、企業名やブランド名などを付けたドメイン名を、当該者に先行して取得すること。サイバー-スクワット。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

サイバースクワッティングの関連キーワードスクワット嫌がらせ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android