転売(読み)てんばい

精選版 日本国語大辞典「転売」の解説

てん‐ばい【転売】

〘名〙
① 買った物を、さらに他に売り渡すこと。またうり。
※続日本紀‐天平元年(729)一一月癸巳「不本加功人転買得家
江戸繁昌記(1832‐36)二「初めを十金に鬻(う)る。〈略〉又之を七十金に転売す」
② 「てんばいかいもどし(転売買戻)」の略。〔投機市場論(1926)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「転売」の解説

てん‐ばい【転売】

[名](スル)買い取った物を、さらに他に売り渡すこと。またうり。「土地転売して差額をもうける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の転売の言及

【信用取引】より

…具体的には,顧客が株式の売買を行う際に,証券会社が売付株券または買付代金を貸与し,これによって現株または資金の全額をもたない者にも売買を可能にした取引である。信用取引の決済は,反対売買(信用買いの場合は転売,信用売りの場合は買戻しという)を行い差金の授受で済ますのが通例で,その意味では,第2次大戦前行われていた清算取引とも似ているが,証券会社間の売買はあくまで普通取引(4日目受渡し)の形をとっている点において,清算取引と異なっている。すなわち証券会社は売買成立の日から4日目の決済日に買付代金の貸付け(買付株券は担保にとる),または売付株券の貸付け(売付代金を担保にとる)を行って,それぞれ決済するものである。…

※「転売」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android