サカイ族(読み)サカイぞく

世界大百科事典内のサカイ族の言及

【氏族制度】より

… たとえば,アンダマン諸島民は,平均30~50人の,相互に血縁関係にある男女老幼の,地縁的共同体を最大の単位集団としているけれども,この集団は婚姻関係の規制にはなんの関係もなく,ただ兄弟と姉妹,伯叔父母と甥・姪間の近親婚をタブーとしているにすぎない。またマレー半島の熱帯密林に採取狩猟の生活を送るセマング族やサカイ(セノイ)族などは,夫婦と子どもとからなる単独の1家族,もしくは血縁関係にある数家族が,一つの経済的・社会的単位をなして,一定地域内を移動して歩く。後者の場合は,結婚した幾人かの息子がその父親のキャンプに屋根だけを別にしてとどまるところから生じた,一種の父系的大家族であって,その大きさは10人ないし20人余りくらいを常とする。…

【セノイ族】より

…東南アジア,マレー半島中南部のジャングル地帯に住む山地民。しばしばサカイ族Sakaiと呼ばれるが,サカイとは奴隷の意で,マレー人による呼名である。人種上はスリランカのベッダ族に似ていることからベッドイドに入る。…

※「サカイ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android