コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルヤーナ Sallyāna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルヤーナ
Sallyāna

ネパール南西部,ラープチ地方の行政中心地で,マハバーラトレク山脈南西の町。インド北東部,バーライチ北北東 120kmに位置する。軍の駐留地。米,穀物,果実を産する。人口約 15万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android