コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

果実 かじつ fruit

翻訳|fruit

5件 の用語解説(果実の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

果実
かじつ
fruit

狭義には花後,子房が発達して生じた器官。しかし実際には花の他の部分が一緒になって生長する場合が多く,これを区別するために狭い意味の果実を真果といい (ウメ,サクラ,カキ,アブラナ) ,後者を偽果と呼ぶ (ナシ,リンゴイチゴイチジク,イネ,どんぐり) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

か‐じつ〔クワ‐〕【果実】

種子植物の花の子房が発達・変化したもの。中に種子を含む。狭義には、成熟した子房が主部になる真果(しんか)をさし、花托など子房以外の部分が主部になるものを仮果として区別することもある。果皮の性状から乾果液果に分け、由来する子房が一つかそれ以上かによって単果複果とに分けられる。実(み)。
液果のうち、食用となるもの。くだもの。水菓子。
精神的・肉体的な働きの成果。みのり。
「日本で結んだ学術の―を」〈鴎外・妄想〉
法律用語。ある物(元物(げんぶつ))から産出される収益物。穀物・羊毛・牛乳などの天然果実と、利息・地代・家賃などの法定果実とがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

果実【かじつ】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

果実

 被子植物の子房またはその周辺の器官が肥大して成熟し種子を包んだ器官.食用になるものも多い.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かじつ【果実】

種子植物の花の子房・花托かたく・萼がくなどが受精後に形成する器官。被子植物ではふつう雌しべの子房壁が発達して果皮となり、内部に種子を包む。一個の子房からできる単花果と、多数の子房からなる集合果がある。また、果皮が多肉質のものを液果、堅い膜質のものを乾果といい、さらに種によって様々な形態をとる。
液果のうち、食用になるもの。くだもの。
〘法〙 ある物品(元物げんぶつ)から生み出される収益。穀物・羊毛などの天然果実と、利息・家賃・地代などの法定果実とがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

果実の関連キーワード食虫植物種・草種・胤ねた五五三特定外来生物シギ(鷸∥鴫)シャクケイ(舎久鶏)Finnish(種)白色レグホーン[種]

果実の関連情報