コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュネーヴのドクター・フィッシャーあるいは爆弾パーティ

1件 の用語解説(ジュネーヴのドクター・フィッシャーあるいは爆弾パーティの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ジュネーヴのドクター・フィッシャーあるいは爆弾パーティ

英国の作家グレアム・グリーンの小説(1980)。原題《Dr. Fischer of Geneva》。1985年マイケル・リンゼイ=ホッグ監督で映画化(邦題『死を呼ぶ晩餐』)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジュネーヴのドクター・フィッシャーあるいは爆弾パーティの関連キーワード密使英国が私をつくった叔母との旅喜劇役者キホーテ神父キャプテンと敵ここは戦場だ事件の核心第十の男燃えつきた人間

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone