コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュールナル・デ・デバ Journal des Débats

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュールナル・デ・デバ
Journal des Débats

大革命期から第2次世界大戦まで続いたフランスの代表的新聞。『論争新聞』。 1789年8月 29日,つまり大革命のさなかに国民議会の報告用個人新聞として創刊されたが,99年フランス新聞界で著名なベルタン兄弟が買収し,一流紙に育てた。しかしナポレオンに弾圧され,紙名を『ジュールナル・ド・ランピール (帝国新聞) 』 Journal de l'Empireと変えられ,そのうえ腹心の部下フィエペを送り込まれ,ついには没収された。ナポレオン没落後は,比較的穏健な政治的立場と文学重視の編集方針を貫いた。 1942年ドイツ占領下で廃刊。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ジュールナル・デ・デバの関連キーワードルメートルラクルテルシャルムジャナンファゲ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android